変形性膝関節症(OA)の症状・原因・治療法

実は病院や整骨院に通うことなく、

自宅で7分程度のストレッチをするだけで、

変形性膝関節症の痛みから解放されるのです。


湿布や塗り薬、注射といった

その場しのぎの対処療法ではなく、

根本的に変形性膝関節症を解消できます。


もう変形性膝関節症の治療のために

無駄なお金と時間を使うのは止めにしませんか?


体操療法指導の第一人者が教える最新の治療法とは?




自宅で膝のリハビリができる作業療法士考案の膝サポーター

変形性膝関節症の検査方法

 

<レントゲン検査・X線検査>

 

レントゲン検査はX線検査とも言われますがどちらも同じ検査方法です。

 

X線で膝と周囲を撮影して、骨がどのくらい変形しているかを調べることができます。

 

レントゲン検査では骨や関節しか写りませんが、関節と関節の間のスペースを見て、軟骨のスリ減り具合を判断する事もできます。

 

<関節液検査>

 

変形性膝関節症は歩き方でもある程度予測できますが、膝の炎症が酷く腫れているような場合は、関節液を採取してその成分などから変形性膝関節症かどうかを見極めることができます。

 

<血液検査・リウマチ因子>

 

血液検査で変形性膝関節症の診断をする場合は、リウマチ因子から判断することもできます。

 

変形性膝関節症の場合は、リウマチ因子は陰性なので検査結果を見ればすぐにわかります。

 

<MRI検査>

 

MRI検査は体を断面にして見ることができるので、レントゲン検査などではわからない部分もより詳しく調べることができます。

 

変形性膝関節症は症状が進行していくと、半月板断裂や骨嚢腫になることがあります。

 

さらに進行すると、大腿骨内顆骨壊死などかなり深刻な状態になっていきます。

 

MRI検査では断面で確認できるので、こういう状態もすぐに診断できます。

 

<指間検査>

 

この検査は膝の関節液を採取して、それを指に付けどの程度の粘り気があるかを確認する検査方法です。

 

本来関節液というのは透明に近くとろみのある状態です。

 

変形性膝関節症になると、関節液が過剰分泌され濃度が薄くなるので、この濃度を指と目視で判断する方法です。

 


変形性膝関節症の症状や診断方法、原因、効果的な治療法、予防法などを紹介しています。変形性膝関節症や膝痛でお悩みの方にとって役立つ情報が満載です。

Copyright (C) 変形性膝関節症(OA)の症状・原因・治療法 All Rights Reserved.

変形性膝関節症の検査方法