変形性膝関節症(OA)の症状・原因・治療法

実は病院や整骨院に通うことなく、

自宅で7分程度のストレッチをするだけで、

変形性膝関節症の痛みから解放されるのです。


湿布や塗り薬、注射といった

その場しのぎの対処療法ではなく、

根本的に変形性膝関節症を解消できます。


もう変形性膝関節症の治療のために

無駄なお金と時間を使うのは止めにしませんか?


体操療法指導の第一人者が教える最新の治療法とは?




自宅で膝のリハビリができる作業療法士考案の膝サポーター

変形性膝関節症の診断方法

 

変形性膝関節症の診断基準について詳しく見ていきましょう。

 

まず適する医療機関は、整形外科です。

 

もしも近くに整形外科がない場合は、ネットで調べることもできますが、かかりつけの医師に相談して紹介状を書いてもらうという方法もありますので相談してみましょう。

 

整形外科に行き最初に行うのが問診、視診、触診です。

 

問診では痛みの出た時期や、どこがどのようにどんな時に痛むのかなど医師に質問されたことに答える形で行われます。

 

視診や触診は直接膝を見ながら腫れや熱がないか、膝がどの程度動くかなどを調べます。

 

血沈値は血液を採取して試験管や専用の容器に入れ、赤血球が沈む速度を調べる方法です。

 

一般的には関節リウマチの炎症を調べる時にも使う方法ですが、炎症があるほど赤血球の沈む速度は早くなります。

 

内反・ 外反ストレステストでは、膝の骨折や脱臼がないかを調べることができますが、主に交通事故や怪我などある程度原因がはっきりいている場合に行う診断方法です。

 

診察室のベッドに仰向けになり、医師が膝を持ちゆっくりと膝を内側に動かします。

 

外反はその逆で外側に動かしていきます。

 

この時、膝の動きを見て変形性膝関節症かどうかを診断します。

 

もしも異常があった場合は、内側と外側のそれぞれの支持機構や、靭帯損傷の可能性があります。

 

原因によっても検査方法なども変わりますし、診断方法も変わってきますが、いくつかを組み合わせることで変形性膝関節症を診断していきます。

 


変形性膝関節症の症状や診断方法、原因、効果的な治療法、予防法などを紹介しています。変形性膝関節症や膝痛でお悩みの方にとって役立つ情報が満載です。

Copyright (C) 変形性膝関節症(OA)の症状・原因・治療法 All Rights Reserved.

変形性膝関節症の診断方法