変形性膝関節症(OA)の症状・原因・治療法

実は病院や整骨院に通うことなく、

自宅で7分程度のストレッチをするだけで、

変形性膝関節症の痛みから解放されるのです。


湿布や塗り薬、注射といった

その場しのぎの対処療法ではなく、

根本的に変形性膝関節症を解消できます。


もう変形性膝関節症の治療のために

無駄なお金と時間を使うのは止めにしませんか?


体操療法指導の第一人者が教える最新の治療法とは?




自宅で膝のリハビリができる作業療法士考案の膝サポーター

変形性膝関節症で障害者手帳をもらうことは出来ますか?

 

変形性膝関節症になっただけでは、障害者手帳はもらうことはできません。

 

障害者手帳がもらえるのは、変形性膝関節症が原因で人工膝関節置換術をした人です。

 

変形性膝関節症は悪化させてしまうと、膝の曲げ伸ばしができなくなったり、動かすだけでも痛みが走るので日常生活にも支障が出てきます。

 

早めに病院に行き変形性膝関節症であるとわかれば、適切な治療をすれば悪化させる事もなく痛みも解消され普通の生活ができるようになります。

 

ただし再発の可能性も高いので、予防は続ける事になります。

 

末期まで行ってしまうと、人工関節手術を受けないと痛みも慢性化し腫れや水が溜まるといった問題も出てきますし、何より痛みも悪化し何もしなくても痛みが続くようになります。

 

この場合は人工関節に置き換える手術をすれば、痛みの原因を取り除けるので効果的です。

 

ただし人によっては感染症、再発、膝の動きが制限されるといったデメリットもあります。

 

変形性膝関節症の手術後は入院やリハビリなども必要なので、その間に障害者手帳の申請をすることもできます。

 

ただし障害者手帳の申請には医師の診断書が必要になるので、事前に医師に相談しておくといいでしょう。

 

人工膝関節置換術の手術をすると、障害者手帳の対象になるので障害者手帳をもらうことのメリットもあります。

 

バスや電車の運賃が半額になったり、自治体が運営する施設を無料で利用出来る事もあります。

 

人工膝関節置換術の後は退院後も通院するので、バスや電車が半額になるのは嬉しいですね。

 


変形性膝関節症の症状や診断方法、原因、効果的な治療法、予防法などを紹介しています。変形性膝関節症や膝痛でお悩みの方にとって役立つ情報が満載です。

Copyright (C) 変形性膝関節症(OA)の症状・原因・治療法 All Rights Reserved.

変形性膝関節症で障害者手帳をもらうことは出来ますか?