変形性膝関節症(OA)の症状・原因・治療法

実は病院や整骨院に通うことなく、

自宅で7分程度のストレッチをするだけで、

変形性膝関節症の痛みから解放されるのです。


湿布や塗り薬、注射といった

その場しのぎの対処療法ではなく、

根本的に変形性膝関節症を解消できます。


もう変形性膝関節症の治療のために

無駄なお金と時間を使うのは止めにしませんか?


体操療法指導の第一人者が教える最新の治療法とは?




自宅で膝のリハビリができる作業療法士考案の膝サポーター

変形性膝関節症の症状

 

ある程度の年齢になったら誰でも変形性膝関節症になるリスクはあるので、念のため変形性膝関節症の初期症状、中期症状、末期症状について覚えておきましょう。

 

初期はほとんど痛みを感じない人もいますが、立ったり座ったりという動作をする時に膝に痛みを感じる事があります。

 

これは初動痛とも言われていますが、動かさず安静にするか、お風呂に入って体が温まると自然と痛みが消えていくので、そのままにしてしまうことが多くなります。

 

変形性膝関節症は進行していくので、初期の段階で放置してしまえば徐々に痛みを感じる頻度も増え痛む時間も長くなっていきます。

 

中期症状としては、立つ座る以外にも階段の上り下りで特に下りる時に痛みを強く感じるようになります。

 

炎症も少しずつ悪化するので人によっては、膝が腫れる事もあります。

 

この時同時に膝が動かしにくいと感じたり、こわばりが出ることもあります。

 

末期になると症状にも特徴が出てきます。

 

膝関節が変形していくので、膝の曲げ伸ばしにも支障が出てきます。

 

こわばり感もさらに強まり、膝がほとんど曲げられないという状態になってきます。

 

曲がるものの今度は伸ばせなくなるということもあるので、日常生活にも支障が出てくるようになります。

 

変形性膝関節症の症状かどうかわからなくても、膝に痛みや違和感を覚えたら早めに検査することも大切です。

 


変形性膝関節症の症状や診断方法、原因、効果的な治療法、予防法などを紹介しています。変形性膝関節症や膝痛でお悩みの方にとって役立つ情報が満載です。

Copyright (C) 変形性膝関節症(OA)の症状・原因・治療法 All Rights Reserved.

変形性膝関節症の症状