変形性膝関節症(OA)の症状・原因・治療法

実は病院や整骨院に通うことなく、

自宅で7分程度のストレッチをするだけで、

変形性膝関節症の痛みから解放されるのです。


湿布や塗り薬、注射といった

その場しのぎの対処療法ではなく、

根本的に変形性膝関節症を解消できます。


もう変形性膝関節症の治療のために

無駄なお金と時間を使うのは止めにしませんか?


体操療法指導の第一人者が教える最新の治療法とは?




自宅で膝のリハビリができる作業療法士考案の膝サポーター

変形性膝関節症に貧乏揺すりは効果ありますか?

 

膝が痛い時には貧乏揺すりをしたら、かえって膝に負担をかけてしまいそうで良くないイメージもあります。

 

しかし変形性膝関節症の治療法には、振り子運動という貧乏揺すりの要領で行う治療法もあります。

 

なぜこの貧乏揺すりが変形性膝関節症に効果があるのかというと、膝を揺することで関節液の流れが良くなり血行促進作用があるからです。

 

また、膝に負担をかけずに適度に筋肉を鍛えることもできるからです。

 

振り子運動をする場合は椅子に腰掛けて行いますので、膝への負担もかなり軽減されます。

 

変形性膝関節症で手術をした時にも、術後のリハビリに振り子運動を取り入れていきます。

 

また振り子運動をすることで、軟骨の再生も促進することが確認されているので、貧乏揺すりはとてもいい方法です。

 

ただ椅子に座って貧乏揺すりをするだけでいいので、高齢者にも簡単にできますし、膝が痛くて運動ができない時も痛みと相談しながらできるとても簡単な方法です。

 

揺する事で血行促進効果もしっかりと出るので、代謝を上げることもできますから、ウォーキングできない雨の日などもピッタリです。

 

変形性膝関節症の予防や治療で運動を取り入れる場合は、ごく軽い運動になりますが、毎日続けることが大切です。

 

もちろん炎症が酷い時や、体調がすぐれない時は無理はできませんが、体力や筋力の低下も痛みを悪化させる原因になるので、気軽にできる貧乏揺すりはとてもいい方法です。

 

特に痛みがない時には、繰り返せばいい運動になるので是非取り入れていきましょう。

 


変形性膝関節症の症状や診断方法、原因、効果的な治療法、予防法などを紹介しています。変形性膝関節症や膝痛でお悩みの方にとって役立つ情報が満載です。

Copyright (C) 変形性膝関節症(OA)の症状・原因・治療法 All Rights Reserved.

変形性膝関節症に貧乏揺すりは効果ありますか?