変形性膝関節症(OA)の症状・原因・治療法

実は病院や整骨院に通うことなく、

自宅で7分程度のストレッチをするだけで、

変形性膝関節症の痛みから解放されるのです。


湿布や塗り薬、注射といった

その場しのぎの対処療法ではなく、

根本的に変形性膝関節症を解消できます。


もう変形性膝関節症の治療のために

無駄なお金と時間を使うのは止めにしませんか?


体操療法指導の第一人者が教える最新の治療法とは?




自宅で膝のリハビリができる作業療法士考案の膝サポーター

変形性膝関節症でも仕事はできますか?

 

変形性膝関節症といっても初期、中期、末期と進行具合も人によって違いますので、その状態に合わせて治療方法も変わってきます。

 

変形性膝関節症というのは、関節を支える軟骨がすり減る事で、骨や関節がぶつかり炎症を起こし痛みを感じます。

 

初期は痛みが出ても安静にしていれば、次第に痛みも治まるので軽視しがちです。

 

しかし痛みが消えても変形性膝関節症が治ったわけではないので、時間が経過する事で症状も進行していきます。

 

軟骨は一度破壊されてしまったら、二度と元の状態には戻せません。

 

だからこそ早期発見と早期治療が大切です。

 

もしも変形性膝関節症になっても、末期でまともに歩けない状態で緊急に手術が必要という状態でない限り、治療を続けながら日常生活を送ることは可能です。

 

もちろん仕事も続けることはできますが、肉体労働や膝に過度の負担をかけるような場合は症状を悪化させる可能性もあります。

 

しかし仕事の場合は簡単に辞めるというわけにも行かないので、医師に相談をして仕事を続けてもいいか確認しておきましょう。

 

治療をするには膝への負担を軽くする事も大切ですが、サポーターやテーピングで一時的に負担を軽くすることができます。

 

ただしそれでも膝への負担が大き過ぎる場合は、仕事先と医師とよく相談して決めていくことをおすすめします。

 

デスクワークのような場合は膝への負担もあまりないので、膝を冷やさないなど注意すれば治療を続けながら仕事をすることも可能です。

 


変形性膝関節症の症状や診断方法、原因、効果的な治療法、予防法などを紹介しています。変形性膝関節症や膝痛でお悩みの方にとって役立つ情報が満載です。

Copyright (C) 変形性膝関節症(OA)の症状・原因・治療法 All Rights Reserved.

変形性膝関節症でも仕事はできますか?