変形性膝関節症(OA)の症状・原因・治療法

実は病院や整骨院に通うことなく、

自宅で7分程度のストレッチをするだけで、

変形性膝関節症の痛みから解放されるのです。


湿布や塗り薬、注射といった

その場しのぎの対処療法ではなく、

根本的に変形性膝関節症を解消できます。


もう変形性膝関節症の治療のために

無駄なお金と時間を使うのは止めにしませんか?


体操療法指導の第一人者が教える最新の治療法とは?




自宅で膝のリハビリができる作業療法士考案の膝サポーター

変形性膝関節症が悪化するとどうなりますか?

 

変形性膝関節症が悪化すると日常生活にも支障が出てきます。

 

痛みが強くなり慢性化するので、今まで当たり前に出来ていた立つ・座るといった動作もできなくなりますし、歩くのもままならず車椅子が必要になることもあります。

 

変形性膝関節症という病気は、膝に過度の負担をかけ続けた結果、関節を支える軟骨がすり減り支えがなくなってしまうので、安定性も悪くなります。

 

本来膝軟骨がクッションの役割をしているので、膝の動きをスムーズにしたり、骨同士がぶつかるのを防いでいます。

 

しかしそのクッションがすり減り形を変えてしまうので、骨にも影響ができます。

 

さらに安定性も悪くなり、動揺性が出てしまうと自力では立つこともままならなくなります。

 

この場合も車椅子や松葉杖、他の人の助けがないと移動もできなくなります。

 

もちろんこうなるまでには相当痛みもありますので、膝が痛いと感じたら早めに病院に行って適切な治療をすることが大切です。

 

かなり症状が進行してしまうと、日常生活を送るのも困難になってしまうので、人工関節手術など大掛かりな治療が必要になります。

 

手術をすれば痛みも消え、普通に日常生活を送れるようになりますが、手術後の入院やリハビリも必要なので治療費、日数ともに色々な負担も増えてしまいます。

 

また人工関節手術も永久的ではないので、ある程度の年月が経過したら再手術の必要性も出てきます。

 

人によっては感染症になることもあります。

 


変形性膝関節症の症状や診断方法、原因、効果的な治療法、予防法などを紹介しています。変形性膝関節症や膝痛でお悩みの方にとって役立つ情報が満載です。

Copyright (C) 変形性膝関節症(OA)の症状・原因・治療法 All Rights Reserved.

変形性膝関節症が悪化するとどうなりますか?