変形性膝関節症(OA)の症状・原因・治療法

実は病院や整骨院に通うことなく、

自宅で7分程度のストレッチをするだけで、

変形性膝関節症の痛みから解放されるのです。


湿布や塗り薬、注射といった

その場しのぎの対処療法ではなく、

根本的に変形性膝関節症を解消できます。


もう変形性膝関節症の治療のために

無駄なお金と時間を使うのは止めにしませんか?


体操療法指導の第一人者が教える最新の治療法とは?




自宅で膝のリハビリができる作業療法士考案の膝サポーター

変形性膝関節症は若い人でもなりますか?

 

変形性膝関節症は高齢者に多い病気とされていますが、若い人でも変形性膝関節症になるリスクはあります。

 

実際に若い年齢の人にも変形性膝関節症の患者はいるので、油断はできません。

 

そもそも変形性膝関節症の原因は、膝の関節を支えている軟骨がすり減る事でクッションを失った骨がぶつかったり負担がかかることで骨が変形してしまう状態です。

 

年齢が若くても膝に過度の負担をかけ続ければ、軟骨の消耗が激しいので変形性膝関節症になる事は十分にありえます。

 

しかし年齢が若ければ高齢者と比べて、体内で軟骨をサポートする成分の生成力があるので、早めに治療を開始すれば十分完治することは可能です。

 

ただし我慢してしまい症状が悪化すれば、若い人でも手術が必要になるケースもあるので、膝に痛みが出たら早めに病院に行くことをおすすめしておきます。

 

また変形性膝関節症は怪我が原因になることもあるので、膝に大きな怪我をしたことがある人で、スポーツなど膝に過度の負担をかけてしまう人も注意が必要です。

 

これは年齢が若い人ももちろんですが、中高年でも同じです。

 

若くても肥満体型の人や激しいスポーツをする人も、変形性膝関節症のリスクは高くなります。

 

変形性膝関節症の原因はとても幅広いので、若いからといって自分は大丈夫とは限りません。

 

肥満体型で運動不足という条件が加われば、普通に歩くとか立つ座るという日常生活の動作でも膝には過度の負担がかかっているので、変形性膝関節症になる前に生活習慣を見直しましょう。

 


変形性膝関節症の症状や診断方法、原因、効果的な治療法、予防法などを紹介しています。変形性膝関節症や膝痛でお悩みの方にとって役立つ情報が満載です。

Copyright (C) 変形性膝関節症(OA)の症状・原因・治療法 All Rights Reserved.

変形性膝関節症は若い人でもなりますか?