変形性膝関節症(OA)の症状・原因・治療法

実は病院や整骨院に通うことなく、

自宅で7分程度のストレッチをするだけで、

変形性膝関節症の痛みから解放されるのです。


湿布や塗り薬、注射といった

その場しのぎの対処療法ではなく、

根本的に変形性膝関節症を解消できます。


もう変形性膝関節症の治療のために

無駄なお金と時間を使うのは止めにしませんか?


体操療法指導の第一人者が教える最新の治療法とは?




自宅で膝のリハビリができる作業療法士考案の膝サポーター

変形性膝関節症になりやすい人はどんな人ですか?

 

変形性膝関節症の原因にもいくつかありますが、誰にでもなるリスクはあるので予防も大切です。

 

ただし特になりやすい傾向がある人もいるので、自分はどうなのかも知っておくべきでしょう。

 

変形性膝関節症の原因は様々なところに隠れています。

 

・膝に怪我をした経験のある人

 

・運動不足、デスクワークの多い人

 

・姿勢が悪い人

 

・太り気味、肥満体型の人

 

・肉体労働者や農作業

 

・スポーツ選手

 

・ジョギングやマラソンをする人

 

・高齢者の人(特に女性に多い)

 

これらは全て変形性膝関節症のリスクを高める原因となります。

 

全てに共通しているのは、普通の生活以外に膝にかかる負担が大きくなるというところです。

 

運動不足は筋力の低下につながるので、膝に掛かる負担を分散できる筋力をつけておくことで予防につながります。

 

肉体動労や農作業など、どうしても仕事上仕方のない場合もあります。

 

こういう場合はサポーターやテーピングなどで、膝に掛かる負担を和らげたり、痛みを緩和させる事もできます。

 

寒い時期は外での作業は膝も冷えるので、下着やサポーターなどで防寒対策も必要です。

 

女性の場合は閉経が骨を弱くする原因につながるので、ある程度の年齢になったら骨や関節をサポートする成分を含む食事やサプリメントなども取り入れていきましょう。

 

変形性膝関節症のリスクが高い人でも、早めに対策を取れば変形性膝関節症の予防をすることは可能です。

 

またもしも変形性膝関節症になってしまっても、筋力を付けることで負担を軽減できます。

 


変形性膝関節症の症状や診断方法、原因、効果的な治療法、予防法などを紹介しています。変形性膝関節症や膝痛でお悩みの方にとって役立つ情報が満載です。

Copyright (C) 変形性膝関節症(OA)の症状・原因・治療法 All Rights Reserved.

変形性膝関節症になりやすい人はどんな人ですか?