変形性膝関節症(OA)の症状・原因・治療法

実は病院や整骨院に通うことなく、

自宅で7分程度のストレッチをするだけで、

変形性膝関節症の痛みから解放されるのです。


湿布や塗り薬、注射といった

その場しのぎの対処療法ではなく、

根本的に変形性膝関節症を解消できます。


もう変形性膝関節症の治療のために

無駄なお金と時間を使うのは止めにしませんか?


体操療法指導の第一人者が教える最新の治療法とは?




自宅で膝のリハビリができる作業療法士考案の膝サポーター

内服薬(非ステロイド系)

 

変形性膝関節症の治療薬に内服薬(非ステロイド系)があります。

 

ボルタレン、インダシン、ロキソニン、インフリなどが一般的に処方される薬ですが、薬には必ず何らかの副作用もあることを覚えておきましょう。

 

内服薬(非ステロイド系)は、比較的副作用は少ないと言われていますが、治療が長期間に及ぶこともあるので副作用については知っておくべきです。

 

ボルタレン、インダシン、ロキソニン、インフリは全て非ステロイド系の消炎鎮痛剤です。

 

飲んでから効き目があらわれるまでの時間が短く、即効性があるところはメリットです。

 

しかし即効性がある分、胃腸や肝臓への負担も大きくなります。

 

消炎鎮痛剤は痛みを和らげる作用は高いのですが、中には飲んだあと眠くなる事もあります。

 

車の運転や重機の操作などは眠気を伴う場合には適さないので、仕事上やむを得ない場合は医師に相談しましょう。

 

ステロイド系の薬も効き目は高いのですが、副作用が出やすいというデメリットがあります。

 

ボルタレン、インダシン、ロキソニン、インフリなどは、非ステロイド系の薬なのでステロイドに比べると比較的副作用は少ないのですが、効き目が長い薬は体に掛かる負担も大きくなるので長期間の服用には注意も必要です。

 

また空腹の状態で飲んでしまうと、胃への刺激が強くなるので必ず何か食べてから飲むようにするなど注意も必要です。

 

1日に飲む回数と、1回あたりの数も必ず医師の指示に従い過剰摂取は避けておきましょう。

 


変形性膝関節症の症状や診断方法、原因、効果的な治療法、予防法などを紹介しています。変形性膝関節症や膝痛でお悩みの方にとって役立つ情報が満載です。

Copyright (C) 変形性膝関節症(OA)の症状・原因・治療法 All Rights Reserved.

内服薬(非ステロイド系)