変形性膝関節症(OA)の症状・原因・治療法

実は病院や整骨院に通うことなく、

自宅で7分程度のストレッチをするだけで、

変形性膝関節症の痛みから解放されるのです。


湿布や塗り薬、注射といった

その場しのぎの対処療法ではなく、

根本的に変形性膝関節症を解消できます。


もう変形性膝関節症の治療のために

無駄なお金と時間を使うのは止めにしませんか?


体操療法指導の第一人者が教える最新の治療法とは?




自宅で膝のリハビリができる作業療法士考案の膝サポーター

坐薬(非ステロイド系)

 

坐薬(非ステロイド系)は、痛み止めとして使うことが多いのですが、内服薬よりも比較的副作用が出にくいので即効性があるのはメリットです。

 

インダシン、ボルタレン、フェルデンなどの坐薬がありますが、どの種類になるかは病院によっても変わります。

 

即効性があり内服薬よりも副作用が出にくいのはメリットですが、高齢者や持病がある人が使用する場合は注意が必要です。

 

中には坐薬を使えない人もいます。

 

全ての人が座薬を使えるとは限りませんので、医師と相談が必要です。

 

変形性膝関節症の治療で薬物療法は一般的ですが、使う薬は一つとは限りません。

 

症状にもよりますが内服薬と湿布、内服薬と湿布と座薬というように人によって組みわせも変わってきます。

 

薬の種類が増える場合は、それぞれの薬を飲んだり塗ったりするのも時間や回数、量も変わってくるので、必ず医師の指示を守りましょう。

 

使用する薬の種類が多い場合は、調剤薬局で薬を受け取る時に説明もありますし、説明書などを入れてくれるところもあります。

 

その場で説明されても分からばい場合は、薬の袋にわかりやすく書いてもらうか、自分でわかるようにメモ書きをしておくといいでしょう。

 

うっかり飲み忘れたり使い忘れてしまうこともあるので、その場合の対処法も聞いておくと安心です。

 

飲み忘れたからといって、次回に2回分飲むようなことは自己判断では危険なので、飲み方も聞いておくと安心です。

 


変形性膝関節症の症状や診断方法、原因、効果的な治療法、予防法などを紹介しています。変形性膝関節症や膝痛でお悩みの方にとって役立つ情報が満載です。

Copyright (C) 変形性膝関節症(OA)の症状・原因・治療法 All Rights Reserved.

坐薬(非ステロイド系)