変形性膝関節症(OA)の症状・原因・治療法

実は病院や整骨院に通うことなく、

自宅で7分程度のストレッチをするだけで、

変形性膝関節症の痛みから解放されるのです。


湿布や塗り薬、注射といった

その場しのぎの対処療法ではなく、

根本的に変形性膝関節症を解消できます。


もう変形性膝関節症の治療のために

無駄なお金と時間を使うのは止めにしませんか?


体操療法指導の第一人者が教える最新の治療法とは?




自宅で膝のリハビリができる作業療法士考案の膝サポーター

変形性膝関節症と発症年齢

 

変形性膝関節症は高齢者になるほどそのリスクは高まると言われています。

 

また男性に比べると女性の方が約2倍なりやすいとも言われています。

 

発症年齢は多少の個人差もありますが、50歳以降で閉経を迎えた女性は特に注意が必要です。

 

というのも閉経を迎えることで、体の中のホルモンバランスが大きく変化します。

 

卵巣の機能が極端に低下するので、女性ホルモンの分泌も大幅に減少します。

 

女性ホルモンは生理だけでなく、女性の体には欠かせないものです。

 

女性ホルモンが減少することで、骨がモロくなる骨粗鬆症になりやすくなってしまいます。

 

変形性膝関節症は膝の関節や骨が変形してしまう病気なので、骨の強度が低下するのも原因の一つになります。

 

閉経を迎える年齢は個人差もありますが、50歳前後の事が多いと言われています。

 

そのため女性は50歳前後で、変形性膝関節症を発症する人も多いという統計もあります。

 

こればかりはどうする事も出来ませんが、女性ホルモンが大幅に減少すると分かっているのならそれに変わるものを補えば、骨粗鬆症や変形性膝関節症も予防ができます。

 

女性ホルモンというとホルモン剤をイメージする人もいると思いますが、薬は副作用が大きいのでできれば避けておきたいところです。

 

この場合におすすめなのが、女性ホルモンとよく似た働きのある大豆イソフラボンです。

 

大豆に含まれている成分なので、大豆を食事に取り入れることである程度カバーできますし、サプリメントでも代用できます。

 


変形性膝関節症の症状や診断方法、原因、効果的な治療法、予防法などを紹介しています。変形性膝関節症や膝痛でお悩みの方にとって役立つ情報が満載です。

Copyright (C) 変形性膝関節症(OA)の症状・原因・治療法 All Rights Reserved.

変形性膝関節症と発症年齢