変形性膝関節症(OA)の症状・原因・治療法

実は病院や整骨院に通うことなく、

自宅で7分程度のストレッチをするだけで、

変形性膝関節症の痛みから解放されるのです。


湿布や塗り薬、注射といった

その場しのぎの対処療法ではなく、

根本的に変形性膝関節症を解消できます。


もう変形性膝関節症の治療のために

無駄なお金と時間を使うのは止めにしませんか?


体操療法指導の第一人者が教える最新の治療法とは?




自宅で膝のリハビリができる作業療法士考案の膝サポーター

運動療法

 

変形性膝関節症の治療法に運動療法もあります。

 

しかし症状や痛みによっては向き不向きもあるので、状態に応じて専門家の指示のもと行うことが大切です。

 

運動療法は筋力強化を目的としています。

 

太ももの筋肉を鍛える事で膝に掛かる負担を軽減できます。

 

方法としては、ウォーキング、水中歩 行、自転車、エアロバイク、ストレッチなどがありますが、症状や運動能力によって自分に合ったものを選ぶようにします。

 

リハビリテーションも運動療法の一種です。

 

手術後に行うリハビリもありますが、膝の動かし方や適度に筋力をつけたい時にはリハビリテーションも効果的だと言われています。

 

ただしリハビリテーションも専門家の指導の元正しく行うことが大切です。

 

関節モビライゼーションは、膝の動きが制限されている時に行う運動療法です。

 

意外なところではテニスボールを使う運動療法もあります。

 

方法としては膝の裏にテニスボールをはさみ、軽く膝を曲げていきます。

 

この時、痛みが強く出るようなら痛くない範囲で曲げる角度を調節します。

 

膝が曲がらない時は、仰向けに寝たまま膝の下にテニスボールを置き、体重をかけていくという方法もあります。

 

テニスボールを使うことで、膝に掛かる負担を抑えながら適度に刺激を与えることができるので、運動効果を得ることができます。

 

この方法なら自分で痛みと相談しながら実践できますし、続けることで少しずつ筋力もつくので痛みも緩和されるようになっていきます。

 


変形性膝関節症の症状や診断方法、原因、効果的な治療法、予防法などを紹介しています。変形性膝関節症や膝痛でお悩みの方にとって役立つ情報が満載です。

Copyright (C) 変形性膝関節症(OA)の症状・原因・治療法 All Rights Reserved.

運動療法