変形性膝関節症(OA)の症状・原因・治療法

実は病院や整骨院に通うことなく、

自宅で7分程度のストレッチをするだけで、

変形性膝関節症の痛みから解放されるのです。


湿布や塗り薬、注射といった

その場しのぎの対処療法ではなく、

根本的に変形性膝関節症を解消できます。


もう変形性膝関節症の治療のために

無駄なお金と時間を使うのは止めにしませんか?


体操療法指導の第一人者が教える最新の治療法とは?




自宅で膝のリハビリができる作業療法士考案の膝サポーター

物理療法

 

変形性膝関節症の治療法に物理療法があります。

 

物理療法の目的は、様々な道具を使い関節の痛みを和らげる事です。

 

超音波治療、温熱・冷却療法、電気、赤外線、レーザー、温湿布、入浴、ホットパック、アイスパックなどが変形性膝関節症の物理療法として一般的です。

 

ホットパックやアイスパックは、専用のジェル剤を使用したパックを使い膝を温めたり冷やしたりする方法です。

 

炎症が酷い場合は冷やし、炎症が治まったら温めますが、皮膚の表面に近い部分に作用しますので、深部までは効果がありません。

 

冷やす場合は効果的ですが、温める時深部まで温めたい場合はマイクロ波や赤外線、レーザーなどの電気療法が効果的です。

 

温熱・冷却療法は、湿布や温湿布、入浴などは自宅でもできますが、超音波や電気治療は医療機関でしかできません。

 

物理療法だけで治療をするというよりは、薬物療法と並行しながら治療を進めていく形が一般的です。

 

薬では炎症や痛みを抑えることができますが、患部を直接温めたり冷やすという温熱・冷却療法は、物理療法の方が効果的と言えます。

 

症状や痛み具合によっていくつかの方法を組み合わせることもできます。

 

多少個人差もあるものの、効果は実感しやすいのはメリットでしょう。

 

ただし1回だけでは完治できないので、しばらく通い続ける必要があります。

 

自宅近くに医療機関があればいいのですが、遠い場合は通うのに大変なのはデメリットかもしれません。

 

中には健康保険適用外の治療もあるのでこの点もデメリットです。

 


変形性膝関節症の症状や診断方法、原因、効果的な治療法、予防法などを紹介しています。変形性膝関節症や膝痛でお悩みの方にとって役立つ情報が満載です。

Copyright (C) 変形性膝関節症(OA)の症状・原因・治療法 All Rights Reserved.

物理療法