変形性膝関節症(OA)の症状・原因・治療法

実は病院や整骨院に通うことなく、

自宅で7分程度のストレッチをするだけで、

変形性膝関節症の痛みから解放されるのです。


湿布や塗り薬、注射といった

その場しのぎの対処療法ではなく、

根本的に変形性膝関節症を解消できます。


もう変形性膝関節症の治療のために

無駄なお金と時間を使うのは止めにしませんか?


体操療法指導の第一人者が教える最新の治療法とは?




自宅で膝のリハビリができる作業療法士考案の膝サポーター

手術療法

 

変形性膝関節症の治療法には、手術をする手術療法もあります。

 

関節鏡(内視鏡)手術(ドリリング)

 

初期の変形性膝関節症に向いている方法で、内視鏡を使用するので体への負担も軽く、回復も早くなるメリットがあります。

 

この方法では再発の可能性が高くなるというデメリットもあります。

 

高位脛骨骨切り術

 

中期の変形性膝関節症の人に向いている方法で、40代〜60代の人を対象にしています。

 

O脚の矯正も兼ねているので、膝への負担を軽く出来るというメリットがあります。

 

手術後は骨がくっつくまでに2ヶ月ほどかかるので、その分入院も長めになります。

 

人工膝関節置換術

 

かなり症状が進行し膝の曲げ伸ばしができず、日常生活にも支障が出る人を対象としています。

 

関節を人工のものに取り替えることで、痛みも消え動きがスムーズになるのはメリットです。

 

しかし術後は約2週間ほど入院が必要ですし、感染症や脱臼しやすいなどデメリットもあります。

 

デブリードマン手術

 

膝の軟骨と半月板変性断裂部を一度に取り除く手術方法です。

 

治療を続けてもなかなか効果が出ない人に向いている方法で、傷口も小さく済むので2日〜3日で退院できます。

 

手術は最終的な選択肢とされることが多いのですが、手術時間や手術費用なども各病院での違いもありますし、症状によっても変わってきます。

 

大掛かりな手術になるほど費用もかかりますが、その分入院期間も長くなる傾向があります。

 

内視鏡など傷口が小さい場合は手術時間も短く回復も早く、費用も高くならないのはメリットです。

 


変形性膝関節症の症状や診断方法、原因、効果的な治療法、予防法などを紹介しています。変形性膝関節症や膝痛でお悩みの方にとって役立つ情報が満載です。

Copyright (C) 変形性膝関節症(OA)の症状・原因・治療法 All Rights Reserved.

手術療法