変形性膝関節症(OA)の症状・原因・治療法

実は病院や整骨院に通うことなく、

自宅で7分程度のストレッチをするだけで、

変形性膝関節症の痛みから解放されるのです。


湿布や塗り薬、注射といった

その場しのぎの対処療法ではなく、

根本的に変形性膝関節症を解消できます。


もう変形性膝関節症の治療のために

無駄なお金と時間を使うのは止めにしませんか?


体操療法指導の第一人者が教える最新の治療法とは?




自宅で膝のリハビリができる作業療法士考案の膝サポーター

薬物療法

 

変形性膝関節症の治療法には、薬物療法という方法があります。

 

その名の通り薬を使って治療をする方法です。

 

使う薬の種類

 

非ステロイド性抗炎症薬、神経ブロック注射、プラセンタ注射、ヒアルロン酸注射(アルツ、スベニール)、ステロイド剤注射(デカドロン、ケナコルト)などがあります。

 

効果

 

非ステロイド性抗炎症薬には、痛みを和らげたり関節の炎症を抑える作用があります。

 

注射に関しても炎症を抑える作用があり、関節に直接注入することで内服薬よりも即効性と持続性が期待できます。

 

副作用

 

全ての薬には何らかの副作用がありますが、ステロイドは高い効果が期待できる分、副作用も出やすいのがデメリットとされています。

 

どのような副作用が出るのかは個人差もありますが、非ステロイド性抗炎症薬の場合は胃腸炎や胃潰瘍といった副作用が出ることが確認されています。

 

注射にも多少の副作用があります。

 

プラセンタ注射やヒアルロン酸注射は比較的安全だと言われていますが、人によっては注射直後に動悸や息切れ、息苦しくなるなどの副作用が出ることもあるので、経過を見守ることも大切です。

 

薬物療法は変形性膝関節症の治療法としても一般的な方法ですし、薬を処方してもらう時には必ず薬の副作用なども説明があります。

 

全ての人に強い副作用が出るということではありませんし、中には副作用が出てもそれほど気にならない程度の場合もあります。

 

安静にしていればすぐに解消されるものがほとんどですが、異常を感じた場合はすぐ病院や医師に相談しましょう。

 


変形性膝関節症の症状や診断方法、原因、効果的な治療法、予防法などを紹介しています。変形性膝関節症や膝痛でお悩みの方にとって役立つ情報が満載です。

Copyright (C) 変形性膝関節症(OA)の症状・原因・治療法 All Rights Reserved.

薬物療法