変形性膝関節症(OA)の症状・原因・治療法

実は病院や整骨院に通うことなく、

自宅で7分程度のストレッチをするだけで、

変形性膝関節症の痛みから解放されるのです。


湿布や塗り薬、注射といった

その場しのぎの対処療法ではなく、

根本的に変形性膝関節症を解消できます。


もう変形性膝関節症の治療のために

無駄なお金と時間を使うのは止めにしませんか?


体操療法指導の第一人者が教える最新の治療法とは?




自宅で膝のリハビリができる作業療法士考案の膝サポーター

保存療法

 

変形性膝関節症の治療法の一つに、保存療法というのがあります。

 

保存療法というのは、手術などはせずに薬で痛みや炎症を抑える薬物療法のことを指しています。

 

振り子運動は保存療法を行う時に効果があることが確認されています。

 

例えるなら貧乏ゆすりに似ています。

 

足を振り子のように揺らすことで、膝の関節や軟骨への負担を最小限にしながら、滑液を潤滑させることができるというユニークな治療法です。

 

もちろん炎症の度合いにもよりますが、膝に負担をかけずに動かすことができるので、筋や筋肉がこわばるのを防いだり、適度な運動になるので膝痛の予防にもつながります。

 

この振り子運動は膝関節以外にも、五十肩などの治療にも用いられる事があります。

 

いずれの場合も振り子のように足や腕を動かすことで、副作用もなく負担も最小限に抑えることができるのでとても効果的だと言われています。

 

ただし痛みが強い場合や炎症が酷い時に、素人判断で行うとかえって症状を悪化させてしまうこともあるので、必ず医師の指示に従って行いましょう。

 

コツがわかれば自宅でも振り子運動ができるようになります。

 

保存療法では手術をしないので体への負担は軽減されますが、薬の副作用などもあるので振り子運動は安全な方法としても注目されています。

 

変形性膝関節症の治療で手術を選ぶこともできますが、患者自身が手術を希望しない場合には振り子運動を取り入れることもあります。

 

実際に手術をせずに、振り子運動などの保存療法で効果を出している人もいます。

 


変形性膝関節症の症状や診断方法、原因、効果的な治療法、予防法などを紹介しています。変形性膝関節症や膝痛でお悩みの方にとって役立つ情報が満載です。

Copyright (C) 変形性膝関節症(OA)の症状・原因・治療法 All Rights Reserved.

保存療法