変形性膝関節症(OA)の症状・原因・治療法

実は病院や整骨院に通うことなく、

自宅で7分程度のストレッチをするだけで、

変形性膝関節症の痛みから解放されるのです。


湿布や塗り薬、注射といった

その場しのぎの対処療法ではなく、

根本的に変形性膝関節症を解消できます。


もう変形性膝関節症の治療のために

無駄なお金と時間を使うのは止めにしませんか?


体操療法指導の第一人者が教える最新の治療法とは?




自宅で膝のリハビリができる作業療法士考案の膝サポーター

変形性膝関節症と痛風(高尿酸血症)の関係

 

変形性膝関節症と痛風(高尿酸血症)は一見何の関係もないように思えますが、実は深く関わっています。

 

痛風にもいくつかの原因がありますが、原因の一つに高尿酸血症があります。

 

高尿酸血症は生活習慣や食事なども原因になりますが、遺伝することも分かっているので親族に高尿酸血症の人が居る場合は痛風に注意しておきましょう。

 

痛風は別名を贅沢病とも言われています。

 

確かに高カロリーや脂っこいものばかり食べていてほとんど運動をしない人は痛風にかかるリスクも高まります。

 

プリン体という物質が尿酸値を高くすることから、ビールなどをたくさん飲む人も痛風になるリスクは高いと言われています。

 

痛風になってしまうと症状の中に、足の指の付け根や膝の関節の痛みというもがあります。

 

痛風の痛みは発作のように突然起こり、かなり強い痛みなので夜中に突然痛みで目が覚めることもあると言われています。

 

痛みとともに腫れが出ることもありますが、数日間痛みが続いた後は嘘のように痛みが消えてしまうこともあります。

 

痛みが続く期間は個人差もありますが、2日〜3日の人もいれば1週間続くこともあります。

 

しかし我慢していれば痛みが消えるので、そのまま放置してしまうこともあります。

 

発作は尿酸値を改善しない限りまたやってきます。

 

発作を繰り返すことで痛みが慢性化することもあり、炎症も酷くなるので痛風が原因で変形性膝関節症になってしまうこともあります。

 

病気が原因の場合は早めに病気の治療をする事で、変形性膝関節症の予防にもつながります。

 


変形性膝関節症の症状や診断方法、原因、効果的な治療法、予防法などを紹介しています。変形性膝関節症や膝痛でお悩みの方にとって役立つ情報が満載です。

Copyright (C) 変形性膝関節症(OA)の症状・原因・治療法 All Rights Reserved.

変形性膝関節症と痛風(高尿酸血症)の関係