変形性膝関節症(OA)の症状・原因・治療法

実は病院や整骨院に通うことなく、

自宅で7分程度のストレッチをするだけで、

変形性膝関節症の痛みから解放されるのです。


湿布や塗り薬、注射といった

その場しのぎの対処療法ではなく、

根本的に変形性膝関節症を解消できます。


もう変形性膝関節症の治療のために

無駄なお金と時間を使うのは止めにしませんか?


体操療法指導の第一人者が教える最新の治療法とは?




自宅で膝のリハビリができる作業療法士考案の膝サポーター

変形性膝関節症と化膿性関節炎の関係

 

変形性膝関節症の原因にも色々ありますが、化膿性関節炎が原因になる事もあります。

 

化膿性関節炎の原因は細菌感染ですが、炎症が酷くなると骨や軟骨にも感染が広がり炎症を起こし変形させてしまうことがあります。

 

化膿性関節炎の原因となる細菌も、怪我をした傷口から侵入するものや、膝の手術をした後の二次感染など様々です。

 

膝に症状が出ることも多いので、放置すれば変形性膝関節症へとつながってしまいます。

 

化膿している場合は炎症も酷くなるので、痛み以外に発熱や倦怠感といった特徴的な症状が出ます。

 

これを見逃さずに早めに病院に行けば早期治療ができるので、炎症の広がりを抑える事もできます。

 

悪化すれば骨や関節を変形させてしまい、変形性膝関節症につながる事も確認されていますので、無理に我慢せず痛みが出たら病院に行って原因をはっきりとさせておきましょう。

 

また年齢を重ねていくと、体力や免疫力も低下してしまいます。

 

化膿性関節炎は高齢者になるほど発症しやすく症状も悪化しやすいので、ただの膝痛と軽視せずに痛みが出たら何かのサインと判断し早めに病院を受診することも大切です。

 

症状が進行すると手術をしなければいけないこともありますが、早期なら化膿や炎症を薬で抑えることができるので体にかかる負担も少なく済みます。

 

化膿性関節炎の原因が細菌感染なので免疫力をつけておくことも大切です。

 

食事、生活習慣、運動など全体のバランスを考えて年齢に合った無理のない範囲で予防をしていきましょう。

 


変形性膝関節症の症状や診断方法、原因、効果的な治療法、予防法などを紹介しています。変形性膝関節症や膝痛でお悩みの方にとって役立つ情報が満載です。

Copyright (C) 変形性膝関節症(OA)の症状・原因・治療法 All Rights Reserved.

変形性膝関節症と化膿性関節炎の関係