変形性膝関節症(OA)の症状・原因・治療法

実は病院や整骨院に通うことなく、

自宅で7分程度のストレッチをするだけで、

変形性膝関節症の痛みから解放されるのです。


湿布や塗り薬、注射といった

その場しのぎの対処療法ではなく、

根本的に変形性膝関節症を解消できます。


もう変形性膝関節症の治療のために

無駄なお金と時間を使うのは止めにしませんか?


体操療法指導の第一人者が教える最新の治療法とは?




自宅で膝のリハビリができる作業療法士考案の膝サポーター

変形性膝関節症と関節リウマチの関係

 

変形性膝関節症と関節リウマチは違う病気ですが、症状が似ている部分もあります。

 

どちらも関節に炎症が起き、痛みや腫れといった症状はとても良く似ています。

 

しかし原因も治療方法も違っているので、変形性膝関節症なのか関節リウマチなのかははっきりさせておくことも大切です。

 

まず変形性膝関節症は、病名からもわかるように膝の関節が変形することで痛みや炎症を起こすものです。

 

関節リウマチも関節の炎症ですが、症状が出るのは手の指や手首のように上半身から症状が出始めるので、いきなり膝に症状が出ることはほとんどないと言われています。

 

変形性膝関節症はどちらか片方の膝に症状が出ることが多いものの、関節リウマチは左右対象という特徴があります。

 

変形性膝関節症は、痛みがあっても安静にしていれば痛みは引いていきますが、関節リウマチの場合は姿勢に関係なく痛みが出ます。

 

大きな違いは原因を見てもよくわかると思います。

 

変形性膝関節症の場合は、膝を酷使することで関節や骨が変形してしまい発症します。

 

関節リウマチの場合は、自己免疫が原因になるので関節を使っていなくても発症します。

 

治療方法も原因が異なれば当然のように変わってきます。

 

変形性膝関節症は、関節の軟骨のすり減りなどによる炎症が原因なので、まず炎症を鎮めます。

 

適度に筋力をつけることで膝を支える力も付きますし、膝にかかる負担も分散できます。

 

関節リウマチの治療は原因が免疫なので、免疫の異常を抑える治療をします。

 


変形性膝関節症の症状や診断方法、原因、効果的な治療法、予防法などを紹介しています。変形性膝関節症や膝痛でお悩みの方にとって役立つ情報が満載です。

Copyright (C) 変形性膝関節症(OA)の症状・原因・治療法 All Rights Reserved.

変形性膝関節症と関節リウマチの関係