変形性膝関節症(OA)の症状・原因・治療法

実は病院や整骨院に通うことなく、

自宅で7分程度のストレッチをするだけで、

変形性膝関節症の痛みから解放されるのです。


湿布や塗り薬、注射といった

その場しのぎの対処療法ではなく、

根本的に変形性膝関節症を解消できます。


もう変形性膝関節症の治療のために

無駄なお金と時間を使うのは止めにしませんか?


体操療法指導の第一人者が教える最新の治療法とは?




自宅で膝のリハビリができる作業療法士考案の膝サポーター

変形性膝関節症とスポーツの関係

 

スポーツをしている事が変形性膝関節症の原因になる事もあります。

 

バスケットボール、バレーボール、バレエ、サッカーなどは特に変形性膝関節症になりやすいと言われているスポーツです。

 

バスケットボールやサッカーのように、試合中走りながら急に方向転換をしたり、全速力で走っているのに急に止まったりする事が必要になるスポーツの場合は、自分が思っている以上に膝に負担をかけています。

 

バレーボールの場合はアタックやレシーブで、ジャンプをしたり床に膝を強くぶつけてしまうことも多くなります。

 

バレエも片足で回転したり、ジャンプなど膝に負担のかかる動作が多くなります。

 

もちろんそれを想定して膝などにはサポーターをつけていますが、長い間スポーツをしていると1回あたりのダメージは小さくても疲労が蓄積されていくので対策も重要です。

 

スポーツにリスクがある場合はそれをしないというのも一つの選択肢ですが、急にやめられないこともあるでしょう。

 

この場合は十分なウォーミングアップとクールダウン、ストレッチなどを取り入れましょう。

 

スポーツをしていればある程度筋力は付いているので、膝だけに負担がかかるのを軽減できますが、できるだけ膝にかかる負担を軽くする工夫も取り入れていきましょう。

 

例えばサポーターも効果的ですし、膝へのテーピングも効果があります。

 

テーピングにもある程度の知識は必要ですが、膝に負担のかかるスポーツをしている人もテーピングをすることで負担を軽減できれば変形性膝関節症の予防にもつながります。

 


変形性膝関節症の症状や診断方法、原因、効果的な治療法、予防法などを紹介しています。変形性膝関節症や膝痛でお悩みの方にとって役立つ情報が満載です。

Copyright (C) 変形性膝関節症(OA)の症状・原因・治療法 All Rights Reserved.

変形性膝関節症とスポーツの関係