変形性膝関節症(OA)の症状・原因・治療法

実は病院や整骨院に通うことなく、

自宅で7分程度のストレッチをするだけで、

変形性膝関節症の痛みから解放されるのです。


湿布や塗り薬、注射といった

その場しのぎの対処療法ではなく、

根本的に変形性膝関節症を解消できます。


もう変形性膝関節症の治療のために

無駄なお金と時間を使うのは止めにしませんか?


体操療法指導の第一人者が教える最新の治療法とは?




自宅で膝のリハビリができる作業療法士考案の膝サポーター

変形性膝関節症とハイヒールの関係

 

変形性膝関節症はハイヒールも原因の一つになると考えられています。

 

これは女性に多い事ですが、ハイヒールにも種類があります。

 

自分の足にピッタリフィットする形やサイズで、ヒールが太めで安定感のあるハイヒールならそれほど問題ありません。

 

しかし多くのハイヒールは、ファッション性を重視してしまう傾向があるので、履き心地は二の次になってしまう事もあります。

 

サイズは合わせることができても、つま先の細い靴は指を圧迫しているので、歩く時にも上手くバランスが取れません。

 

またヒールも細いほど安定感が悪くなりますし、着地の時に足にかかる負担も大きくなります。

 

バランスを取っているつもりでも転ばないようにするのが精一杯で、膝や関節に掛かる負担までは意識できません。

 

たまに履くくらいならそれほど気になりませんが、毎日のように足に合わないハイヒールを履いていると変形性膝関節症のリスクも高くなってしまいます。

 

ヒールが高いほど足が綺麗に見えるのはメリットですが、ヒールの高さや太さも安定感を重視して選んでみましょう。

 

こうするだけでも足への負担を軽減できます。

 

サイズは選べても幅は選べないものが多いのですが、最近は幅広のハイヒールもあるので膝が痛いとか足が痛いと感じる人は、足に合ったハイヒールを探してみるのもいいでしょう。

 

足に合っていれば少しくらいヒールが高くでも足の指を締め付けないので、全体で踏みしめることができます。

 

締めつけは外反母趾の原因にもなるので注意しましょう。

 


変形性膝関節症の症状や診断方法、原因、効果的な治療法、予防法などを紹介しています。変形性膝関節症や膝痛でお悩みの方にとって役立つ情報が満載です。

Copyright (C) 変形性膝関節症(OA)の症状・原因・治療法 All Rights Reserved.

変形性膝関節症とハイヒールの関係