変形性膝関節症(OA)の症状・原因・治療法

実は病院や整骨院に通うことなく、

自宅で7分程度のストレッチをするだけで、

変形性膝関節症の痛みから解放されるのです。


湿布や塗り薬、注射といった

その場しのぎの対処療法ではなく、

根本的に変形性膝関節症を解消できます。


もう変形性膝関節症の治療のために

無駄なお金と時間を使うのは止めにしませんか?


体操療法指導の第一人者が教える最新の治療法とは?




自宅で膝のリハビリができる作業療法士考案の膝サポーター

変形性膝関節症とO脚や偏平足の関係

 

変形性膝関節症はO脚や偏平足も原因の一つになります。

 

O脚の場合は本来なら真っ直ぐの足が少し湾曲しているので、真っ直ぐ立っているつもりでも体重のかかるバランスが変わってしまいます。

 

正面から見た時、アルファベットのOの文字のように、膝の辺りが開いている状態です。

 

この場合はどうしても膝の内側に負担がかかってしまうので、普通に歩いているだけでも膝の内側が痛くなってしまう事があります。

 

偏平足は土踏まずがないため、歩く時の衝撃がもろに膝にかかってしまいますので、同じように変形性膝関節症の原因につながります。

 

変形性膝関節症は関節が変形することで、骨も変形してしまいます。

 

ここに加齢による老化現象が加わると、さらに変形性膝関節症のリスクも高くなっていきます。

 

O脚の人も偏平足の人も、普通の人に比べると膝痛になりやすいと言われているので、予防を心がけて行きましょう。

 

O脚は早ければ早いほど関節や骨も柔らかいので、子供のうちから矯正するのも予防策の一つです。

 

大人になってからも時間はかかりますが、矯正することは可能なので早めに対処していきましょう。

 

O脚はすぐに改善できないので、靴の中敷きを変えたりすれば歩く時の衝撃や負担も軽減できます。

 

また姿勢も変形性膝関節症を悪化させる原因の一つなので、正しい姿勢と歩き方も身につけておきたいですね。

 

O脚は病院で治療もできますが、O脚対策グッズもたくさんあるので自分に合ったものを見つけてみるのもいいでしょう。

 


変形性膝関節症の症状や診断方法、原因、効果的な治療法、予防法などを紹介しています。変形性膝関節症や膝痛でお悩みの方にとって役立つ情報が満載です。

Copyright (C) 変形性膝関節症(OA)の症状・原因・治療法 All Rights Reserved.

変形性膝関節症とO脚や偏平足の関係