変形性膝関節症(OA)の症状・原因・治療法

実は病院や整骨院に通うことなく、

自宅で7分程度のストレッチをするだけで、

変形性膝関節症の痛みから解放されるのです。


湿布や塗り薬、注射といった

その場しのぎの対処療法ではなく、

根本的に変形性膝関節症を解消できます。


もう変形性膝関節症の治療のために

無駄なお金と時間を使うのは止めにしませんか?


体操療法指導の第一人者が教える最新の治療法とは?




自宅で膝のリハビリができる作業療法士考案の膝サポーター

変形性膝関節症と遺伝子の関係

 

変形性膝関節症と遺伝子の関係については、アスポリンが大きく関わっていることが確認されています。

 

アスポリンというのは遺伝子の一種ですが、アスポリンの構造によっては変形性膝関節症のリスクが高まる事も確認されています。

 

変形性膝関節症には原因がはっきりしていない一次性変形性膝関節症と、ある程度原因がはっきりしている二次性変形性膝関節症に分類されます。

 

アスポリンが原因になる場合は、見た目や問診だけでは診断できないため、一次性変形性膝関節症に分類されます。

 

アスポリン遺伝子に異常がある場合は、変形性膝関節症になるリスクが高くなると言われています。

 

診断には詳しい検査も必要ですが、アスポリンは遺伝子のため遺伝する可能性も高くなります。

 

親が変形性膝関節症で原因がアスポリンの場合は、その子供も変形性膝関節症になりやすいと言われているので注意が必要です。

 

しかしリスクが高いと分かっているなら、事前に予防することもできます。

 

関節にトラブルが出やすい人は、年齢に関係なく関節をサポートする栄養素や成分を積極的に摂取していきましょう。

 

ある程度摂取していけば、関節のサポートにもつながりますし、適度に運動も取り入れ筋力をつけておけば膝に負担が集中しないので、もしも痛みが出た場合も軽く済みます。

 

アスポリンのリスクがある人は、健康診断もしておくと安心です。

 

変形性膝関節症は早い段階で適切な治療をすれば、症状の悪化も防ぐことができます。

 


変形性膝関節症の症状や診断方法、原因、効果的な治療法、予防法などを紹介しています。変形性膝関節症や膝痛でお悩みの方にとって役立つ情報が満載です。

Copyright (C) 変形性膝関節症(OA)の症状・原因・治療法 All Rights Reserved.

変形性膝関節症と遺伝子の関係