変形性膝関節症(OA)の症状・原因・治療法

実は病院や整骨院に通うことなく、

自宅で7分程度のストレッチをするだけで、

変形性膝関節症の痛みから解放されるのです。


湿布や塗り薬、注射といった

その場しのぎの対処療法ではなく、

根本的に変形性膝関節症を解消できます。


もう変形性膝関節症の治療のために

無駄なお金と時間を使うのは止めにしませんか?


体操療法指導の第一人者が教える最新の治療法とは?




自宅で膝のリハビリができる作業療法士考案の膝サポーター

変形性膝関節症と肥満の関係

 

変形性膝関節症の原因にもいくつかありますが、肥満もその一つです。

 

どちらかというと男性よりも女性の方がリスクが高いと言われていますが、中高年以上の肥満気味の女性は特に注意が必要です。

 

女性は男性と体の構造も違います。

 

脂肪を蓄積しやすいのも女性ですが、中高年になると閉経という問題に直面します。

 

閉経を迎えると体内のホルモンバランスが大きく変化するので、更年期障害に悩まされる人も多いです。

 

女性ホルモンの分泌が著しく減少するので、骨や関節にも影響を与えます。

 

さらにホルモンバランスの変化や、老化による基礎代謝の低下も原因となり太りやすくなる傾向があります。

 

O脚も変形性膝関節症の原因の一つですが、全ての条件が揃っていると女性はどうしても変形性膝関節症になるリスクも高まってしまいます。

 

しかし、男性も中高年以降は基礎代謝が低下しますし、老化で体の機能が低下して行くので関節にも負担が大きくなりますので、肥満にならないよう注意が必要です。

 

肥満の場合はどうしても体重が重くなるので、膝にかかる負担も大きくなってしまいます。

 

肥満というのは体質や食生活なども関係していますが、生活習慣も大きく関係しているので全てを見直すことが大切です。

 

変形性膝関節症が直接命に関わるという可能性は低いものの、自分が痛い思いや辛い思いをするので、ある程度の年齢になったら変形性膝関節症予防のためにも体重管理も意識しましょう。

 


変形性膝関節症の症状や診断方法、原因、効果的な治療法、予防法などを紹介しています。変形性膝関節症や膝痛でお悩みの方にとって役立つ情報が満載です。

Copyright (C) 変形性膝関節症(OA)の症状・原因・治療法 All Rights Reserved.

変形性膝関節症と肥満の関係